鈍色〜曽塚レナの雑記〜

車椅子だけどどこにでもいくよ!バリアフリーなバーを開店するのが夢//脊損腰椎L1損傷//Co-Co Lifeタレント部所属。お仕事のご依頼は talent@co-co.ne.jp まで♥

鈍色のモンスター〜子供のころのこと〜

f:id:LENASODSKA:20190212011431j:image

 

こんにちは!闇オーラが激しい曽塚レナです。

人生そこそこ楽しんでいるはずなんですが、なぜか闇オーラだけは消えない……!!

なぜなんだと悩む日々です。

先日友人の結婚パーティーに参加したんですが、

わたしだけ出勤前のホステス感はんぱない。

つらい。

 

そうそう、闇オーラといえば……

皆様、抜毛症という病気をご存知ですか?

 

曽塚は子供の頃、この抜毛症でした。

自分で自分の頭髪を抜いてしまう病気ですね。

大人になってからはすっかり治ったのですが、わたしは当時頭のてっぺんがハゲた小学生でした。

原因はストレスとも、性癖とも言われています。

 

今回は子供の頃の自分の葛藤について深く考えてみました。

どんな人だって、生きてきた年数分の過去があります。

あまり特別なことはありませんが、この日本に住んでいるちっぽけな車椅子ユーザーであるわたしのケースをゆっくり丁寧に綴っていこうと思います。

お時間ある方、よかったらぜひ子供だったわたしに出会ってみてくださいませ!

 

ではGo!

 

f:id:LENASODSKA:20190212012730j:image

 

わたしは横浜で生まれました。

ヨーロッパの銀行で働く父と、ピアノ講師の母の間に生まれた長女です。

生まれた頃から喘息持ちで環境の変化に弱く、

すぐに発作を起こすため、空気のキレイな千葉に引っ越して居を構えることに。

 

母がピアノ講師なこともあり、

よく家ではピアノを練習していました。

 

f:id:LENASODSKA:20190212012935j:image

 

写真は妹と。

 

小学生の頃。

クラスで一番上手い子が合唱のピアノ伴奏をすることになってたんです。

いつもたいていわたしでした。


でもある時、

「れなちゃんは上手いけど、上手いの先生知ってるけど、たまには他の子に譲ってあげてね」

って言われて。

 

子供心にも、

他の子にも譲ってあげなきゃいけないことはわかります。

世の中は平等じゃなきゃいけません。

それでも、どうしても消化しきれない思いがありました。

 

なぜなら……

 

f:id:LENASODSKA:20190212021823j:image

 

他の子は、わたしが塾に行っている間外で遊んでいるから。

そんなの家庭の事情なんです。なんですが、

 

どうしてわたしだけ、週6で習い事に缶詰めで。

どうしてわたしだけ、夏休みに塾に缶詰めで。

どうしてわたしだけ、

みんなが公園で遊んでる間に、背中に竹刀を入れられながら何時間もピアノを弾いてるんだろう。

どうしてこんなにつらいのに、

「習い事いっぱいできていいなぁ」なんて

むしろ幸せ者みたいに言われるんだろう。

 

誰だって何かしら抱えています。

どんな家庭だって何かしらあります。

でも、子供のわたしにはそれがわからなくて。

どうしてわたしは努力しているのに、

楽しそうにお友達と遊んでるクラスの子に、

ピアノの伴奏を譲ってあげなきゃいけないんだろう??なんて

わたしの心は黒く染まっていました。

 

「れなちゃんは勉強が進んでるから、みんなに合わせて授業中は手を挙げないでね」

とも言われていました。

 

気付くと、わたしは授業中に、

一本、一本と自分の髪の毛を抜くようになりました。

 

楽しかったんです。

自分の身体の一部である髪の毛を、

ぷちぷちとむしっていくのが。

 

f:id:LENASODSKA:20190212012204j:image

 

(今はもっさり髪があります)

 

ハゲ始めたので、いつもポニーテールにしていました。

でも受験が終わって、中学に入学すると、

わたしと同じ境遇の子たちばかりでした。

みんな、夏休みはクーラーの効いた部屋で勉強していたタイプの子たちです。

その時、ふとあることに気付きました。

 

f:id:LENASODSKA:20190212021948j:image

 

自分の中の、醜い選民意識でした。

高すぎるプライド。

みんなから疎外感を感じて生きてきたのに、

「あんたたちとは違う」という細い細いプライドで自分を保っていたことに気付きました。

 

みんなと仲良くなりたかったのに、なれないから

憎むことでしか自分を正当化できなくなっていました。

 

あの頃のわたしは、なにか人間じゃなくて

憎しみしか心にないモンスターになってしまったようなそんな心地がしていました。

(ハゲてるしね)

 

f:id:LENASODSKA:20190212015850j:image

 

それから激しい反抗期に入って。

部活をサボってゲーセンに入り浸って。

授業中は先生に反抗しまくって、

いやな子供だったなぁと思います。

 

でも、そんなわたしを救ってくれたのが、

高校卒業後の一人暮らし。

 

はじめは父と都内で暮らしていたのですが、

その頃はまだ髪を抜いてハゲていました。

気付くと手が頭に行っている……

気付くと髪をぶちぶち抜いている……

 

でも、完全に一人暮らしを始めて。

 

初めのころは悪夢ばかり見たんです。

でも、次第に自分の安全を確認できて、

「わたしの人生は、わたしがコントロールしているんだ」という実感を生まれて初めて感じられました。

 

それからです。

手が頭に向かわなくなったのは。

むしろキレイに美容院に行って、

お化粧して、ちょっと高いハイヒールを履いて。

かわいいお洋服なんか、買うようになって。

 

"自分を大切にする"ということの意味を、

やっと習得した感じがしました。

 

f:id:LENASODSKA:20190212022125j:image

 

そして、今の自分がいます!

 

今は全く自分の髪を抜くことなんかありません。

いや、まぁ、体の毛は剃ったりするけど。

でもそれは、

ツルツルの脚や腕になりたいから!

 

自分を破壊する一貫なのではなく、

自分を大切にする一貫なのです。

この違い、すごく大きいんですよ。

 

一人暮らしがどうしてわたしにこんなにも良く作用したのかはわかりません。

それでも、一人での生活は、

自分を大切にすることをわたしに教えてくれました。

もし抜毛症で悩んでいる方は、環境を変えてみることを強くおすすめします!

自分の心にゆーっくりゆーっくり向き合ってみたら、

きっと、いい発見があると思うのです。

 

f:id:LENASODSKA:20190212022714j:image

 

ということで、今回は抜毛症と子供の頃の話でした。

シャンプー・リンスのCMのオファー、お待ちしています。

 

 

それでは♡

本日もお付き合いいただきましてありがとうございます!

曽塚レナでしたっ♡♡♡

ミッション・ポッシブル〜HCR有名大企業をレビューせよ〜

f:id:LENASODSKA:20181015064228j:image

こんにちは!車椅子の同志曽塚レナです!

この度は国際福祉機器展(HCR)のレビューを投稿いたします。

来ることができなかったある方に「代わりに見てきて!」と言っていただけたので♡

 

ですが注意。

車椅子のレビューはほぼありません。

 

本当に申し訳ありません。

3日中2日も行ったのに、忙し過ぎてほとんど回りきれず、依頼を受けた外側ブースの大企業中心のレビューとなっております。

それでもよろしければ、ぜひ見てみてくださいね!

 

それではスタート。

 

f:id:LENASODSKA:20181015064808j:image
f:id:LENASODSKA:20181015064819j:image
f:id:LENASODSKA:20181015064827j:image
f:id:LENASODSKA:20181015064835j:image

HONDAの今年の売りは新しくなったN Box。

車椅子ごと乗り込むタイプの福祉車両では、電動ウィンチと呼ばれるベルトで引き上げられた先にオリジナルの手摺りが設置してあったりと、一歩利用者に寄り添った作りです。

最近話題の自動運転技術も相まって、ドライバーの苦労はますます減っているようです。

 

f:id:LENASODSKA:20181015065538j:image
f:id:LENASODSKA:20181015065529j:image

f:id:LENASODSKA:20181015070051j:image

広いブースの真ん中で、アナウンサー達のデモンストレーションが行われていたのが印象的なNISSAN

こちらも自動運転技術が推しでした。

福祉車両のトレンドは大きく動いているというよりは、インテリアの手摺りや荷物を積んでも見えるミラーなど、利用者の細かいニーズに応えていこうとする姿勢が強く見られます。

 

f:id:LENASODSKA:20181015070430j:image
f:id:LENASODSKA:20181015070417j:image
f:id:LENASODSKA:20181015070404j:image

こちらはTOYOTA

ついに福祉車両電動車椅子がセットでついてくるモデルまで。

 

ただ、車椅子は乗れればいいというものでもないので、付属の車椅子以外の選択肢がなくなってしまうのは車椅子ユーザーにはつらいところ。

そういったところのニーズとの乖離が見られました。

やはり介護用ですね。

 

f:id:LENASODSKA:20181018114303j:image

さて、福祉車両ばかり見ていてもアレなので、ひときわ目を引いたTOTOのデモンストレーションについて。


f:id:LENASODSKA:20181018114306j:image
f:id:LENASODSKA:20181018114258j:image

観客参加型のデモンストレーションを行っていたTOTOさんですが、上部の画面に字幕が出る仕組み。

他の企業と違って、耳の不自由な方にも楽しんでもらえそうな気遣いが優しかったです。

 

こちらの部屋置きトイレは細いパイプでもうまく排泄物を流すことができるため、当事者と介護者両方の負担を減らすことができます。

また車椅子でも難なく入れるよう設計されたドアなど、かゆいところに手が届くような商品が多くありました。

 

f:id:LENASODSKA:20181019151446j:image

 

LIXIL

車椅子でも立たずに調理できるカウンターなどが印象的でした。

 

f:id:LENASODSKA:20181019151603j:image
f:id:LENASODSKA:20181019151608j:image

 

4歳の頃から来ていると話していたフォロワーさんの話では、

昔は車椅子だらけで楽しかったが、最近は高齢者介護用品に勢いがあって飲まれつつあるとのこと。

少子高齢化の影響も強いのでしょうね。

そんな中、当事者も訪れるであろう会場ではスロープはあるものの階段を多用したブースの作りになっていたりして、少し寂しい気持ちになりました。

龍角散のブースは去年と変わらず大人気で、行列ができていましたね。

やはり面白い趣向を凝らしたブースは人が集まりますね。

 

f:id:LENASODSKA:20181019152711j:image

Panasonicでは住宅エレベーター、高齢者住宅施設向けのお風呂、補聴器などの展示がありました。

やはりトレンドは介護ですね。

 

なんだかいざ記事を書いてみると写真が少ない……!!

福祉機器展、3日目だけではほとんど回りきれませんでした……。(初日はご挨拶などでほぼ潰れた)

 

また来年も行こうと思います!

最初の車椅子〜松永Suaiとの思い出〜

f:id:LENASODSKA:20181012224215j:image

こんばんは、車椅子の同志曽塚レナです。

チキンラーメンひよこちゃんグッズを買ってうかれています。

 

HCR国際福祉機器展、今年も大盛況でしたね!

去年(2017)も行ったのですが、あの頃より人脈もひろがり、わかる分野も増えてきて、より楽しむことができました。

後ほど今年のHCRまとめを記事にしますね。

ぜひそちらもご参考になさってください!

 

さてさて、福祉車両や介護用品を見て回って、最後の最後に松永製作所のブースへ戻って来て。

ぽつん、と目にはいってきたものがあったんです。

 

f:id:LENASODSKA:20181012224708j:image

それは、Suai2。

 

ぼうっとスアイを眺めて立ち尽くすわたし。

なぜなら、スアイは、

わたしにとって最初の車椅子だったからです。

 

f:id:LENASODSKA:20181012225757j:image

入院していた頃。

「そろそろ車椅子を買おう」と言われたあの頃。

 

わたしは車椅子なんかいらないと思っていました。

「わたしは歩いて帰るんだから、車椅子なんかいらない」と信じていました。

なにより、車椅子を手に入れてしまうことで、

自分が車椅子という枷に閉じ込められてしまうような、そんな恐怖すら感じていて。

 

どうせ車椅子なんてどれも同じ。

軽さだとか、なんだとか説明されてもピンと来ない。

わたしがこれから乗る羽目になる足枷なのだ……と思っていました。

 

そんな時、理学療法士の先生にそっと手渡されたのが、

松永製作所のスアイのカタログでした。

 

f:id:LENASODSKA:20181012231630j:image

女性向けの、かわいらしい

色とりどりの車椅子です。

 

ピンク、ゴールドフレーク、やさしい紫。

花柄やリボンの透かし、

大事な洋服が汚れないためのカバー。

パンフレットはぱっと明るく穏やかに、

「わたしたちのためだけの車椅子」を照らし出していました。

 

今でも涙が出てきます。

自由を失ったと信じていた心に、

「素敵でいようとすることを諦めなくたっていいんだよ」

「歩く自由がないなら、選ぶ自由をあげるよ」

というメッセージを受け取ったような気がしたんです。

 

同時に、この車椅子をデザインした方々の想いも流れ込んできたように感じました。

これまでになかった女性に特化した可愛らしい車椅子。

これから車椅子を選ぶ女性たちの心をあたたかく照らしてくれます。

絶望は消えなくても、

伸ばされた手を掴むことで、私達は前に進める。

失った自由の前に現れた、新たな自由だった。

それが、スアイだったんです。

 

f:id:LENASODSKA:20181012233101j:image

スアイに即決。

迷うもんか。ふざけんな。

軽い?重い?

しるかそんなの。

 

スアイがいいんだ。

スアイがわたしの心を照らしてくれたから。

色?そんなん

ゴールドに決まってんだろ。

 

f:id:LENASODSKA:20181012233531j:image

(バッドアスソアーズの撮影の時もスアイ!)

 

わたしを自由にしてくれた車椅子。

諦めなくたっていいと教えてくれた車椅子でした。

 

そんな中、今日ご縁があって。

なんと、スアイの開発に携わっていらっしゃる方に直接お礼とラブコールをお伝えする機会に恵まれて。

 

「スアイのお陰で今のわたしがいます」

 

そうお伝えできました。

とても嬉しかったです!!

 

f:id:LENASODSKA:20181012234105j:image

スアイとわたし!

 

f:id:LENASODSKA:20181012234157j:image

今のわたしは、同じ松永製作所さんのK-MAXに乗っています。

なぜなら、スアイからゴールドフレークのカラーが消えてしまったから。

 

致命的でした。

この色にこだわって選んだから、どうしても妥協できなくて。

今のK-MAXは軽くキャスター上げもしやすく、身体にフィットして大好きです。

ですが、それでも、初代スアイのお花の透かしはいつでもわたしの心にあります。

忘れられません。

 

だって、わたしの最初の車椅子だから。

 

 

結論:

松永さん、ゴールドのスアイ出してください(血眼

 

 

f:id:LENASODSKA:20181012235200j:image

スアイちゃんとの思い出でした♡

またね!

車椅子ロンドン旅行記〜帰国中〜

f:id:LENASODSKA:20181007020009j:image

こんにちは!

車椅子の同志曽塚レナです。

現在飛行機の中にいますが、お金を払えばwifiが繋げる機体だったらしく快適に過ごしています。

 

本当は毎日更新したかったロンドン旅行記ですが、母が組んだハードスケジュールに翻弄されて更新できませんでした……。

 

もうぐったりですよ!!!分刻みのスケジュール!!

曽塚は母とは正反対で、海外に行ったら地元の人に溶け込むように生活したいタイプです。

パリに行った時も、

「ハァ、この街10年住んでるけど嫌いだわ……」みたいな顔して歩いていました(笑)

本当は大好きなんですけどね。

 

気取り屋なんです。

ザ・観光客になりたくないんです。

もう許して。

 

長いですがまとめてレポします!

 

f:id:LENASODSKA:20181007012717j:image

まずは観光バスに乗り込んでワーナーブラザーズスタジオへ。

("観光"バスに乗るというだけで絶望していたのは言うまでもない)

 

こちらはハリーポッターの撮影セットや小道具などが展示されていて、一日楽しめます。

曽塚はフォトジェニックな場所を探してうろうろ。

 

f:id:LENASODSKA:20181007013218j:image

なにより観光バスの運転手さんがいい人で、

「よう俺の嫁!」

「俺へのおみやげはないのか?」

なんて軽口を叩いてきて楽しかったです。

 

ただ、このツアーバスはバリアフル。

わたしは手すりに掴まりながら数段の階段を登ってバスに乗り込み、車椅子を運んでもらって乗りました。

車椅子単独で行くなら、最寄りのWartford Junction駅からタクシーを掴まえるのが一番安心そうです……。

まぁ、バスの運転手さんたちはかなりフレンドリーなので、もしかしたら人力でなんとかしてくれるかもしれませんが、少なくともワーナーブラザーズスタジオ行きの2階建てバスには車椅子用乗車口はありませんでした……。

でも、ワーナーブラザーズスタジオ自体には多目的トイレも完備で、車椅子の人も何人かいらっしゃいました。

車で来てるのかな?

 

f:id:LENASODSKA:20181007014350j:image

大きなセントパンクラスの駅で。

家族とはぐれたのでwifiを繋げるためにバーに入ったら、ハッピーアワーで二杯もフローズンマルガリータをもらってしまいました。

どこでもかしこでもフリーwifiが繋がるから便利ですね。

 

曽塚は海外で迷子になるとテンションが上がります。

経験値が上がる気がするのです。

 

f:id:LENASODSKA:20181007014811j:image

さて、翌日は妹の学会発表のためにオックスフォードへ。

長距離バスを使って移動します。

ロンドンではバスさえあれば生きていける。

スロープを出してもらい、がっちがちに固定してもらいました。

 

f:id:LENASODSKA:20181007015037j:image

オックスフォードは伝統的でアカデミックな土地です。

美しい!美しい……けど、

なにより石畳の道が車椅子にはキツい。

タイヤの空気が抜けてふわっふわになります。

 

f:id:LENASODSKA:20181007015345j:image
f:id:LENASODSKA:20181007015354j:image
でもちょっと残念なお知らせが。

オックスフォード大学を見学している時、他のアジア人が撮影禁止のところに堂々と侵入して写真を撮りまくっていて、怒られても怒られても隙を見てはやらかしていました。

 

こういうことがあるから、アジア人ってだけで警戒されたり、偏見に繋がるんだろうなぁ……と見ていて悲しくなりました。

どこの国に行っても、モラルを持った人間でいようと思いました。

 

f:id:LENASODSKA:20181007020416j:image

美術館での妹の発表は無事終わり、美術館スタッフ達と共にレバノン料理店へ。

このお店がかわいい!!

 

f:id:LENASODSKA:20181007020550j:image

車椅子用トイレも完備で、しかもトイレの中までかわいい。

 

f:id:LENASODSKA:20181007020746j:image

みんなで楽しい時間を過ごしました。

 

f:id:LENASODSKA:20181007020902j:image

翌日はハンプトンコート宮殿へ遠征。

こちらはサウスウェスタン鉄道で行きます。

 

f:id:LENASODSKA:20181007021318j:image

ちょっ、

隙間半端ない!!!!

 

これはキャスター上げでは難しい。

ですが、サッと鉄道係員さんが来てくれて、

車内車椅子スペースに備え付けてあるスロープを出して乗せてくれました。

 

f:id:LENASODSKA:20181007021555j:image

電車の中には手助けが必要な人のためのボタンが。

 

f:id:LENASODSKA:20181007021640j:image

快適です!!

 

f:id:LENASODSKA:20181007021722j:image

この宮殿には赤い服を着たスタッフの方々があちこちにいらっしゃって、私を見ると「エレベーターで2階に上がりたかったら私達に言ってね!」とすぐに声を掛けてくださいました。

実際車椅子に乗った人もたくさん見学されていて、バリアフリーと言い切って大丈夫そうです。

トイレも完備。

ただ……

 

f:id:LENASODSKA:20181007022128j:image

石畳ファック。

 

f:id:LENASODSKA:20181007022307j:image

f:id:LENASODSKA:20181007022554j:image

あとは、地元の妹おすすめのベトナム料理店やパブで寛ぎました。

これがしたかったんだ私は。

 

パブではサッカーの試合をみんなが観ていて、どこも賑わっていました。

ただ、今回の最大の悔いは地下鉄に乗れなかったこと。

荷物が多かったので車を手配したり、バスばかり利用していた(赤いロンドンバスはボタンを押すだけでスロープが出てきます)ため、車椅子でロンドンの地下鉄に乗るという経験ができませんでした。

次回だな。うん。

 

あと、初日に言ったじろじろ見られない!というのも、アジア人自体が少ないような郊外に出るとなかなかそうも行かず目立ってしまいます。

それは日本と変わらなかった。

日本でも、新宿とかだと誰も見ないけど少し外れると振り向いてまでガン見されたり。

まぁ、若くして車椅子に乗っているサガなのでしょうね。

 

楽しかったです。

本当は1ヶ月くらい行ってぐだぐだうろうろしたい。

そんな財力はないけどな!!!!

空からお金降って来ないかな!!!!!

ポンド高いんだよ!!!!!!

(美術館スタッフ達はEU離脱についても語っていました。政治的な事も積極的にディスカッションするところ、こっちの人らしいですね。)

 

また絶対行きたいです。

写真より動画をたくさん撮ったので、なんらかの方法でアップしますね!

空の上から、曽塚レナがお送りしました♡

車椅子ロンドン旅行記〜一日目〜

f:id:LENASODSKA:20181001090240j:image

こんにちは!!

車椅子の同志曽塚レナです。

昨日からイギリスに来ています!

 

車椅子で海外旅行って行けるの?

トラブルは?

ホテルはバリアフリー??

……気になりますよね。

わたしも気になって、出発前ググったりしてました。

(そうしたら車椅子単独で世界一周されたミヨさんのブログにたどり着いて、わくわくがとまらない経験をしました。皆様もぜひご覧になってみてください!)

 

今回は車椅子単独ではありませんが、わたしがロンドンを旅行した足跡をここに残していこうかなと思います。

よかったら見ていってくださいね!

 

f:id:LENASODSKA:20181001090821j:image

荷物は最小限を登山用バッグに入れて背負います。

念のために転倒防止バーをつけたらしっかり安定してくれました。

ただ、黒の登山用バッグは人と間違いやすいので目印になる目立つ飾りをつけることをおすすめ。

空港で探すのめんどくさかった。うん。

 

f:id:LENASODSKA:20181001091111j:image

ででん。

羽田空港でブリティッシュエアウェイズのチェックインに並ぶ曽塚。

 

ブリティッシュエアウェイズはアプリでチェックインができるので、パスポートとスマホを見せて荷物を預けるだけ。

車椅子は最初のご案内になるので、職員に声をかけてね!とのこと。

とてもスムーズに案内していただいちゃいました。

…が。

 

荷物検査のところで、車椅子の背バッグに入れっぱなしだった大量の使い捨て尿道カテーテル達を怪しまれる曽塚。

コカインでも隠してると思われたかな……

車椅子に積んでいる荷物も全部外して通らなきゃね。反省。

 

f:id:LENASODSKA:20181001091714j:image

12時間くらい(ざっくり)飛行機に乗ります。

ロンドンに直行で行く場合、ロシアの上の方と北欧上空を通ります。

目指すはヒースロー空港

食事は2回でました。

スマホ充電できない機体でつらかった……

 

f:id:LENASODSKA:20181001092027j:image

空港に着いたらトラブルが。

迎えに来てるはずの運転手がいない。

 

結果配車を1時間くらい待ちました。

まぁ旅行あるあるだよね!

とか思ってにっこにこのわたしとは対照的に、イライラ頂点の半分イギリス人の妹。

 

妹「車椅子いるって伝えたはずだけど!しかも私達1時間も待ったんだけど!」

 

クレームを言うも、言い訳ばかりで頑として謝らない移民運転手さん。

まぁ、あるあるあるある。

 

f:id:LENASODSKA:20181001092920j:image
f:id:LENASODSKA:20181001092923j:image

車窓から見えるロンドンの街。

 

f:id:LENASODSKA:20181001093314j:image

ホテルに着いたら部屋の掃除が終わってなかった。

ぐっだぐだや。

 

f:id:LENASODSKA:20181001093431j:image

キングス・クロス駅の近く、イズリントンのヒルトンホテルでございまする。

トイレはこんな感じ。

下ろせるタイプの手摺りがついています。

 

f:id:LENASODSKA:20181001093705j:image

お風呂もシャワーチェアに手摺り仕様です。

バスタブはなく、日本人にとってはちょろちょろしか出ないシャワーなので注意。

 

これ、体幹ない人大丈夫なのかな?

曽塚はがっつり体幹あるのでいけましたが、ちょっと不安になります。

扉のドアノブ自体も重めなので、上肢に障害がある方はひとりではキツいかも……。

 

あとね。

 

f:id:LENASODSKA:20181001094047j:image

ベッドが高い。

 

しかも移乗しようとしたらベッド自体がぬるっと動いた。

わたしはぎりぎり立てるからいいけど、立てない方はベッドに抱きついてずるずる上がるしかなさそう。

ひえぇ、バリアフリーへの道は遠いです……!!

 

f:id:LENASODSKA:20181001094323j:image

シャンプーやボディソープはかさばるから、現地で買えばいいや〜とか思ってたんですが、

着いたのは日曜日の夕方。

薬局もスーパーもガン閉まり。

 

そう考えると日本って便利ですよね。

年中無休の薬局やスーパーがたくさんあって、日曜だからって早く閉まるお店もなくて。

ロンドンには見事にそっぽ向かれました。

 

f:id:LENASODSKA:20181001094658j:image

スーパーでお酒や食材を買ってホテルの部屋でパーティーしようと思ってたのを急遽変更。

こちら、"Wagamama(ワガママ)"という名前の日本食屋さんで日本食テイスティングすることに。

 

頼んだのは"Wagamama Ramen(ワガママラーメン)"。

塩ベースのラーメンに、丁寧に焼いたチャーシューや魚介がトッピングされたラーメンです。

おいしかった〜。

麺が謎だったけど。

 

f:id:LENASODSKA:20181001095200j:image

 

なにより、

人々が優しい。

車椅子でもじろじろ見ない。

さっと助けてくれる。

 

あと、そもそも車椅子の人が多い。

電動でうろうろしてるおじいちゃんや、手動に乗って洋服屋で物色する奥様。

レストランでもシームレスに案内してもらえて、心のバリアフリーを感じました♡

ロンドン大好きやー!!!!

 

明日以降バスと地下鉄にチャレンジしてみようと思います!

Oyster(日本で言うSuica)にもチャージしたし!

あ、介助者いるとバスは半額になるようです。

 

おやすみなさいっ!!

明日もできたら更新しますね。

デビューシングルとごたごた話

f:id:LENASODSKA:20180921051528j:image

 

こんにちは!

車椅子の同志曽塚レナです!

皆さまいかがお過ごしでしたでしょうか?

曽塚は夏を満喫しつつ、荒波に揉まれつつ……

平成最後の夏だもの!色々あるよね。

 

さて、曽塚、この度満を持して楽曲配信デビューさせていただくことになりました。

デビューシングルの名は「W.A.Y」。

 

f:id:LENASODSKA:20180921052112j:image

本当はBメロの「We Are Too Awesome For You(私達は素晴らしすぎて貴方にはもったいないわ!)」というのをまるまるタイトルにしたかったのですが、

長過ぎる!との苦情をいただきまして「W.A.Y」に。

 

うぇーい!とノリよく覚えてくださいね。

iTunesLena Sodskaで検索!

 

実は……

知る人ぞ知る、ですが、この曲、色々ありました。

本当の本当は中嶋涼子とのユニット、バッドアスソアーズで制作していた曲だったのです。

 

f:id:LENASODSKA:20180921052607j:image

レコーディング中の一幕。

中嶋涼子がおります。

 

が、中嶋がこの曲から降りざるを得ない状況になってしまい、私ひとりで歌うことに。

はじめは、すごく切なかったです。

なぜなら、この曲ははじめから二人で歌うつもりで作った曲だったから。

 

歌詞もすべて"I"ではなく"We"です。

「私達の」曲だったんです。

それで、せっかく自分でメロディを書いたこの曲がいやになった時期もありました。

 

f:id:LENASODSKA:20180921052953j:image

ずーん。

 

それで、悩んで悩んで。

はっと気付いたんです。

 

"We"は、なにも中嶋涼子と私だけのことじゃない。

私と、わたしの曲を聴いてくれるすべての人のことを指してるんじゃないかって。

 

We are too awesome for you.

「わたしたち」は素晴らしい。

「貴方」にはもったいないくらい。

この歌詞の意味を、自分で解釈し直してみたんです。

そうしたら……ね?

気付いてくださる方、いるかなぁ。

いるといいなぁ。

 

障害者、とカテゴライズされるようになって。

色んな人と出会って。

胸を張って言えるんです、

わたしたちは、素晴らしいって。

 

みんな傷を抱えてるし、

藻掻いてる。

でもそのさま自体が、尊いって思うんです。

 

「貴方」が思ってるより、

ずっと素晴らしいんだから。

「私達」は。

 

そんな気持ちのこもった歌に仕上がりました。

 

f:id:LENASODSKA:20180921053726j:image

 

ね。

 

「W.A.Y」、22日から配信開始です。

ツーコインで聴けるようになっていますので、

ぜひぜひ!DLして聴いてみてくださいね!

 

これがゴールじゃなくて、スタートラインです。

曽塚ワールドを迸らせていきますので、

ぜひぜひ!ついてきてくださいっ!!

 

以上!

持病の告白〜解離性障害について〜

f:id:LENASODSKA:20180724151821j:image

 

昨日は深夜に川に行ってきました!

車椅子の同志レナです。

 

今回は持病の告白をします。

皆様、【解離性障害】という病気をご存知ですか?

今日はこの病気についてお話ししますね。

 

f:id:LENASODSKA:20180724152152j:image

 

解離性障害とは。

人間、つらいことやストレス無しには生きていかれないものです。

ストレスがあると人は自分を守るために、感情をあらわにしますね。

泣いたり、怒ったり、その場から離れたり。

 

解離性障害を持っている人間は、それが苦手です。

自分のストレスを、「記憶や感覚をなくす」という方法で解消してしまいます。

他にも、「感覚麻痺」「昏迷」等、たくさんの独特な症状を露呈します。

 

具体的に例えるならば、

「レイプされている間の記憶がない」

「いくら殴られても途中から痛みを感じなくなった」

などが、解離症状のひとつです。

これは健康な人間にも起こりうることです。

 

f:id:LENASODSKA:20180724152856j:image

 

わたしの場合。

まず、聴力と集中力が落ちます。

人の声が聞こえているのに、知らない言語を話されているかのようにばらばらに聞こえ始めます。

同時に、文字が読めなくなります。

外国語を読んでいるかのようで、読もうとしても、頭の中でばらばらになっていって理解ができなくなっていきます。

 

表情は能面のようになり、ぼーっとして見えます。

自分がまるで糸の切れた操り人形のように感じます。

自分がどこにいるのかもわからなくなっていきます。

そのままひどくなると、自分が誰だかわからなくなります。

自分のスマホや持ち物が他人の物のように感じて気持ち悪くなります。

その状態のわたしは、「わたしではない誰か」のような奇妙な感覚です。

 

物語に出てくるような不思議な疾患ですね。

原因はストレスやPTSDとも言われていますが、はっきりしていません。

 

f:id:LENASODSKA:20180724160357j:image

 

ここまで読まれて、

「ええ……そんな病気持ってて大丈夫なの……?」

と思われた方、いらっしゃると思います。

自分が誰だかわからないって、やばいですよね?

 

初めのころは本当に苦労したんです。

周囲にはすごく心配をかけてしまいました。

けれど、対処法を見つけて、普通の生活ができるようになりました。

それは、つらかったら逃げるということ。

 

40℃の気温の中、水分補給をしなければ熱中症になってしまいますよね。

エアコンの効いた部屋で横になって、衣服を緩めて休まなければ死んでしまいます。

それと同じ。

ストレスを感じていると自覚したら、信頼できる誰かに打ち明けること。

その場から離れて、ひとりになること。

ゆっくり休むこと、自分を大切にすることです。

 

すごく簡単なことに感じると思います。

でも、それが苦手な人が、うつ病解離性障害にかかりやすくなってしまうのだと思うのです。

 

f:id:LENASODSKA:20180724160221j:image

 

今、小学校にエアコンを付けようという意見に反対する方が多くいらっしゃると聞きました。

「弱い子供になってしまうから」という意見だそうです。

 

ですが、外的ストレスから身を守る方法がないこと、逃げる場所がないことは深刻な結果をもたらします。

それは身体も心も同じ。

どんな人間だって、健やかに、

自分を大切に生きていかなければならないと思います。

 

わたしは努力することが好きです。

根性を出すのも得意です。

もっと高みに行きたいなといつも思っています。

でも、それだけでは生きていかれません。

今のわたしが問題なく生きていられるのは、心の内を打ち明けられる友人がいるから。

受け止めてくれるたくさんの人がいるから。

わたしを信頼して、応援してくれる人がいるから。

そうしてそれらを、受け止められる自分になったからです。

 

f:id:LENASODSKA:20180724161900j:image

 

うつ病も、解離性障害も、アルコール依存症も。

孤独です。

自分のストレスは、自分の中でしか解消できないと思ってしまいがちです。

 

わたしも、ウィスキーを煽らなければ震えて出社できない時期がありました。

どこにも逃げ場がありませんでした。

ストレスをうまく伝える方法も知りませんでした。

 

その頃、ストレスコーピングというストレスをうまく処理する方法をたくさん勉強しました。

が、自分で自分を助ける方法を学べば学ぶほど、他人の力なしには生きられないと実感しました。

自分を助けるのは自分しかいない。

それでも、人は独りでは生きられない。

そう自覚してから、うまくコミュニケーションする術を身に着けていきました。

 

そうしたら、世の中がつらくなくなりました。

今、わたしは元気です。

これからも、この解離性障害と向き合いながら生きていきます。

これを乗り越えてきた過去は、わたしにとって勲章であり財産なのです。

 

さて、今日の結論。

 

結論:小学校にはエアコンをつけさせてあげてくれ。

 

 

本日も曽塚のブログをご覧いただきましてありがとうございました。

またのご来店を、心よりお待ち申し上げております。